ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

店舗型の旅行会社



旅行会社と一言で言っても、それぞれの旅行会社は様々な状態で営業を行なっており、それらは大別すると店舗型、オンライン型、ビジネス専門型と3種類に分けることができます。ここではそうした旅行会社の営業スタイルに注目し、それぞれの概要からメリットとデメリット、具体例や最近の傾向などについて詳しく解説します。この記事でご紹介するのは、店舗型についてです。

店舗型の旅行会社とは

店舗型の旅行会社とは

多くの人が「旅行会社」と言われて想像するのが、街中などに店舗を構え、店頭にパンフレットなどを並べている旅行会社だと思います。これが言わゆる「店舗型」です。店舗では旅行全般に関係する情報を発信し、旅行に精通したスタッフが常駐して旅行者の相談に乗り、店頭で旅行費用のやりとりも行なえます。店舗型ではビザの申請代行など、旅行に関連する様々な事務作業についても代行している場合が多く、おおよそ旅にかかわることなら店舗内で概ね解決できる能力を備えています。

店舗型のメリット

店舗型は昔からある旅行会社のスタイルであるため、ノウハウの蓄積が多く、あらゆる旅の希望に対して柔軟に対応できる特徴があります。また、オンライン型などと大きく異なる点としては、旅行会社に勤めるスタッフと対面し、旅行について相談できるという点です。そのため、旅行者それぞれの事情などに対して個別に対応しやすく、直接会ってのやりとりができることと、店舗という施設が構えられていることから、旅行者から見れば、安心感もあります。こうした理由から、旅に慣れていない人や高齢者など、一定の層からは店舗型に対して根強い支持があります。

店舗型のデメリット

店舗という施設があることは、安心感といった意味でメリットになりますが、営業時間や定休日など、店の都合に利用機会が左右されるという点は、オンライン型が普及してきた昨今ではデメリットのひとつと言えます。また、人と人の対面式であるという点は、人同士の相性が合わなければデメリットに成りかねません。

店舗型旅行会社の具体例

店舗型は昔からある旅行会社のスタイルであるため、知名度の高い旅行会社はほとんどが店舗型だと言えます。こうした旅行会社の多くは自社のWebサイトでオンラインによる旅行商品も扱っているため、店舗型旅行会社のほとんどは、オンライン型との併用だとも考えられます。

変わりつつある店舗型のニーズ

昨今ではインターネットが普及したことから、特にオンライン型の旅行会社が勢いを増しています。海外の例で言えば、アメリカやヨーロッパなどの先進国では旅行会社がほとんどオンライン型を優先して営業しており、旅行会社の店舗は減少を続け、旅行費用の取扱額ではオンライン型の旅行会社がその多勢を占めています。日本では店舗や対人による安心感を求める層が厚いため、旅行会社の店舗を街中で見ることもまだまだ多いですが、将来的には減少していくであろうと推測されています。