ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

オンライン型の旅行会社



旅行を扱う会社を営業のスタイルで分類したとき、現在もっとも身近で、現代的とも言えるのが「オンライン型」の旅行会社です。いま、旅行を検討する場合には主流になっていると考えられます。店舗型の旅行会社でもオンライン、つまりインターネットを使って旅行商品を販売している旅行会社はたくさんありますが、ここで「オンライン型」として紹介する旅行会社は、店舗型とは明確な違いがあります。その概要と、メリット・デメリットを見ていきましょう。

オンライン型の旅行会社とは

オンライン型の旅行会社とは

オンライン、つまりインターネットを介して旅行商品を取り扱う旅行会社が、オンライン型の旅行会社です。店舗を手広く展開している店舗型の旅行会社(JTB、日本旅行など)も、自社Webサイトでインターネットを介した旅行商品の取り扱いを行なっていますが、ここではオンラインのみで営業している旅行会社のことを「オンライン型」としています。なお、オンラインのみで旅行商品を扱う場合でも、旅行業法にしたがって旅行会社は登録を行なわなければ、日本では原則的に旅行商品を扱うことはできません。旅行業法は毎年のように改正が繰り返されていますが、もとが古い法律であるため、オンライン型旅行会社が台頭する昨今には対応しきれていないと指摘する声もあります。

オンライン型のメリット

インターネットに接続できる機器さえあれば、基本的にいつでもどこでも旅行商品を検討・購入できるという便利さが最大のメリットです。店舗型を利用する場合では、営業時間や定休日の制約を受けながら、店まで足を運ばなければいけなかったものが、オンライン型ならば就寝前など、空いた時間さえあればいつでも気軽に利用できます。時間の使い方が多様化する昨今では特に、オンライン型による利用機会の自由度は大きなメリットです。

オンライン型のデメリット

パソコンなどを使ってWebサイトにアクセスする必要があるため、パソコンなどやインターネットに関して最低限の知識が必要ということになります。また、電子決済を行なう際にはクレジットカードが必要になるなど、オンライン型の「気軽」や「便利」といったメリットを完全に受けるためには、ある程度の条件を満たしていなければならないといった点は、オンライン型のデメリットとして考えられるかも知れません。また、旅行について質問したいことがある場合、電子メールなどを使って担当者とやりとりをすることもできますが、店舗型のように迅速な回答を得られることは、仕組み上、不可能です。オンライン型は、ある程度旅に慣れた人向けの旅行会社と言えるでしょう。

オンライン型旅行会社の具体例

オンライン型の旅行会社は、アメリカを拠点とする会社が特に大規模です。

  • エクスペディア(アメリカ)
  • プライスライングループ(アメリカ)
  • 楽天(日本「楽天トラベル」)
  • リクルート (日本「じゃらんnet」) など

増え続けるオンライン型のサービス

旅行でどこを訪れ、どんな交通機関を利用しようかといった検討の材料になる情報は、インターネットが普及する以前は雑誌などしかなく、旅行会社で旅の専門家に相談することが一般的に行なわれていました。しかし、インターネットに多くの情報が掲載され、個人でも無料で自由に閲覧できるようになった現在では、それ程旅に慣れていない人でも自分で旅のスケジュールや詳細を検討できるようになりました。こうした時代の変化が、オンライン型が増えている理由だと考えられます。