ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

ビジネス専門型の旅行会社



この記事でご紹介するのは、最近になって徐々に多くなってきているビジネス専門型です。ビジネス専門型の旅行会社は、「ビジネス・トラベル・マネジメント」とも呼ばれており、旅行を趣味にしている一般的な利用客にとっては、あまり馴染みのないものであり、名前が示すとおりにビジネス、つまり仕事の一環として出張が伴う場合に関係してくる旅行会社です。ビジネス専門型に分類される旅行会社とは、どんな旅行会社なのでしょうか。ここで詳しく解説します。

ビジネス専門型の旅行会社とは

ビジネス専門型の旅行会社とは

分類の名付けから分かるとおり、ビジネス専門で旅行商品を扱っているのが、ビジネス専門型の旅行会社です。ビジネス専門型の旅行会社が扱うものは、チケットや宿泊手配などの旅行商品のみならず、出張時のコスト管理や改善案の提案などのマネージメント業務も含まれるため、「ビジネス・トラベル・マネジメント(Business Travel Management)」などと呼ばれ、省略して「BTM」とされることもあります。ビジネス専門型の旅行会社とはつまり、企業活動のなかで発生する出張の全般について、より良い手段を提案しつつサポートしている旅行会社という訳です。なお、従来からある旅行会社がBTMを取り扱うようになっている他、これまで旅行を扱っていなかった会社がBTMを扱い始めるなど、その裾野は広がっています。

ビジネス専門型のメリット

ビジネス専門型の旅行会社が扱っているBTMを企業が利用するメリットは、分かりやすいものでコスト削減があります。旅行会社は依頼主となる企業からの要望に応え、従来からの旅行会社同様、団体割引などで出張コストを削減できる可能性があれば積極的に利用します。また、出張の条件に合った移動手段からコストを抑えられる方法を探し、その手配を行なうことの他、テロ対策など危機管理の観点も含めて、最適な出張手段を提案するというのが、ビジネス専門型ならではの特徴です。それまで自社内で行なっていた出張の手配全般を、ビジネス専門型の旅行会社という旅の専門家に任せることで、企業としての出張コストを抑えられる上、危機管理や作業の効率化もできるという訳です。

ビジネス専門型のデメリット

ビジネス専門型の旅行会社は、ビジネスでの利用しかできず、利用シーンが限られるということ以外には、特に大きなデメリットはありません。利用目的を厳選した、洗練された旅行会社のスタイルだと言えるでしょう。

オンライン型旅行会社の具体例

ビジネス専門型の旅行会社は、海外で生まれ、徐々に日本でも増えてきています。

  • カールソン・ワゴンリー・トラベル(フランス)
  • アメリカン・エキスプレス(アメリカ)
  • 近畿日本ツーリストBTM(日本)
  • トッパン・トラベル・サービス(日本) など

注目されるビジネス専門型の旅行会社

世界各国へ出張するなど、グローバルに活動する企業は世界的に増えており、それに伴って企業の出張コストは多くなる傾向がありました。そこで誕生したのが、ビジネス専門型の旅行会社です。こうした旅行会社は旅の専門家として出張に関して包括的に企業と提携し、そのコストを抑えられるよう務めながら、安全性も含めたマネージメント業務を専門的に行なっています。日本でも徐々に増えてきているビジネス専門型の旅行会社は、企業がグローバルに展開していくなかで、欠かせないパートナーに成りつつあります。