ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

ツアープランニング



会社と呼ばれる組織のほとんどでは多くの人が働き、力を合わせて共通の目標に向けて仕事を行なっています。旅を専門に扱う旅行会社の目標とはおそらく、会社を利用してくれる旅行者が、快適に旅を楽しみ、満足し、また利用したいと思ってもらえることでしょう。そんな旅行会社には様々な仕事内容があります。ここでは一般的な旅行会社にある仕事内容のなかから、ツアープランニングに注目します。ツアープランニングとはどういう仕事で、どんな能力が求められる仕事なのでしょうか。

ツアープランニングの仕事内容

ツアープランニングの仕事内容

ツアープランニングとは、名前の通り「旅を考えて作ること」。主にパッケージツアーと呼ばれる企画商品の内容を考えることが業務の中心で、旅行会社にとってはパッケージツアーが高額商品に相当するため、会社内でも期待されることが多く、旅行業界でも人気がある仕事だと言われています。この仕事に就いている人のことを特に「ツアープランナー」と呼びます。なお、旅行会社によってどのような業務内容になっているかは千差万別で、大規模な旅行会社であればツアープランニングを専門に扱っている部署などが設置されることが多い一方、比較的小規模な旅行会社の場合は、ツアープランニングだけでなく、それにかかわる旅券の手配や実施、セールス活動まで同じ人物が担当する場合もあります。

ツアープランニングに求められる能力

旅行者から歓迎されるツアー内容を検討する必要があるため、今、どんな旅が求められているかなど、社会のニーズを見極める力がツアープランニングの仕事には必要になります。実際の仕事ではリサーチなどを行なって情報を分析して、ツアー内容を検討するだけではなく、どれ程魅力的な旅の内容であっても、高額すぎれば商品としては販売しにくいものになってしまうため、かかる費用などを含め、旅の全体を検討できる知識やノウハウが必要です。また、宿泊先を検討する例で言えば、どの宿泊先の評判が良いかなど、旅で訪れる先の施設ひとつひとつに対する見識も求められる場合があります。さらに、海外旅行のパッケージツアーなどを扱う場合には、調べ物などをする際に現地の言葉を理解できる必要があるなど、ツアープランニングの仕事には総合的な高い能力が求められます。

ツアープランニングという仕事のやり甲斐

旅行会社にとっての高額商品であるパッケージツアーの内容を決めることが主な業務内容であるため、魅力的なパッケージツアーを作ることができれば、旅行者から歓迎され、セールス部門の活動も好調となり、会社の売上も上がるはずです。自分で作った商品が、直接的に歓迎されるというのは、ツアープランニングならではのやり甲斐だと言えます。

ツアープランニングに関連した資格など

旅行業法では、ツアープランニングの仕事について特に資格などの条件はありません。しかし、新人がいきなりツアープランニングの仕事に就くという旅行会社は少なく、まず、ツアーコンダクターなどパッケージツアーに同行するような業務経験を積んでから、ツアープランニングの仕事に就くケースが多いと言われています。そうした経験に必要であることから、旅行業務取扱管理者や旅程管理主任者などの資格を持っている例が多いようです。