ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

ツアーオペレーター



旅行会社で働く人の業務内容には様々なものがありますが、比較的知名度が高く、旅行好きな人が「就きたい仕事」として挙げることが多い仕事のひとつが、ツアーオペレーターです。ツアーオペレーターという仕事について、その名前を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、基本的には裏方の仕事であるため、この仕事に就いている人に会うことは、旅行好きな人でもあまり多くないはず。ここでは具体的にどんな仕事をしているのか、どんな能力が求められるかなど、詳しく紹介します。

ツアーオペレーターの仕事内容

ツアーオペレーターの仕事内容

ツアーオペレーターとは、言葉の通りツアー(旅)のオペレーターです。オペレーター(Operator)とは、機械などの操作や操縦をする人のことですから、旅行会社の場合では、旅で必要となる交通機関の切符や宿泊手配などを、実際に旅先の業者に手配するなどといった業務が、ツアーオペレーターの仕事ということになります。旅行会社では旅のひとつひとつで発生するこうした手配について、直接現地の業者とやりとりする例は少なく、ツアーオペレーターを専門としている外部の会社に依頼し、その業務を任せている場合がほとんどです。そのため、依頼を受けるツアーオペレーター会社は地域に根ざした会社であることが多く、旅行会社からの依頼で業務を行ない、直接旅行者とやりとりをすることはほとんどないため、ツアーオペレーターのみを業務としている会社の場合は、厳密には旅行会社ではありません。なお、特に大きな旅行会社である場合や、地域に根ざした旅行会社の場合は、こうしたツアーオペレーターの業務も旅行会社内で行なう場合があります。

ツアーオペレーターに求められる能力

日本にあるツアーオペレーターを扱う会社の場合、海外からの旅行者が求める切符などを手配する業務が増えてきています。そのため、依頼主は海外の旅行会社ということになり、そうした会社とやりとりできる語学力は十分なものが求められます。また、海外から訪れる人の場合は国や宗教などによって食べられるものや嫌われるものなどが異なるため、そうした慣習などについても概ね理解しておく必要があります。なお、ツアーオペレーター全般としては、旅行会社や旅行者が求める手配の全般を、法を守り、確実に遂行する能力が求められます。

ツアーオペレーターという仕事のやり甲斐

ツアーオペレーターの仕事では、直接的に旅行者とやりとりすることは稀であるため、旅行者からの反響は分かりにくい状態ではありますが、宿泊先や交通機関など旅に関する業者とは、ツアーオペレーターが直接やりとりをする立ち位置にあるため、そちら側からの反響は直接的に受けることになります。そうした旅に関する業者との信頼関係を構築していくことが、何よりツアーオペレーターのやり甲斐だと言えるでしょう。

ツアーオペレーターに関連した資格など

ツアーオペレーターは旅行会社ではない場合もあり、業務を行なうにあたって特に必要な資格などは設定されていません。しかし、日本旅行業協会ではツアーオペレーターの品質認証制度を導入しており、協会の審査によって一定以上のクオリティ(法令遵守やサービス水準など)で業務が行なわれていると判断されれば、その認証を受けることができます。