ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

アウトセールス



旅行会社で旅行商品を販売しているセールス担当者のなかでも、一般的な旅行好きにとってあまり身近ではないのが、アウトセールスと呼ばれる仕事です。アウトセールスが活躍する場面は、旅行者が団体などである場合と、限定的であるためです。一般的には知られていないアウトセールスであっても、旅行会社にとっては大きな売上を左右する重要な仕事。ここでは旅行会社におけるアウトセールスという仕事がどういうものか、またどんな能力が求められるかなどを詳しくご紹介します。

アウトセールスの仕事内容

アウトセールスの仕事内容

旅行会社でセールス活動を行なう仕事のなかでも、外へセールス活動を行なうものがアウトセールスです。具体的には、会社や組合などの組織、学校などに旅行商品の利用を提案するのがアウトセールスであるため、身近な例で言えば慰安旅行や修学旅行などを扱っているのが、アウトセールスということになります。旅行会社で同じようにセールス活動を行なう業務としては、カウンターセールスやメディアセールスなどもありますが、アウトセールスではそれらと比較して大口の利用を取り扱うことになるため、伴って大きな取引額を一度に扱う場合が多くなります。こうした特徴からアウトセールスのことを「団体セールス」と呼ぶ場合もあります。

アウトセールスに求められる能力

アウトセールスは会社や組合、学校などに対してセールス活動を行なう仕事内容であるため、他の業界の営業などと同様に、ビジネスに関連したマナーなどは重要となります。また、取り扱う商品はあくまで旅行であるため、やはり旅に関する幅広い知識も重要になるでしょう。さらに、セールス先で実際に旅に出かける人達が、どういう旅行を求めているかなどの情報を仕入れるのもアウトセールスが担うべき業務であり、そうして仕入れたニーズをもとに、ツアープランナーなどと協力して旅行商品を作っていくため、ツアープランナーに近い能力もアウトセールスには求められています。

アウトセールスという仕事のやり甲斐

会社の売上へ直接的にかかわるセールス業務のなかでも、アウトセールスは特に大口なものを対象としているため、セールスの成績は会社全体の売上額に大きな影響を与えます。そのため、優秀なアウトセールスは旅行会社内での立場も有利になりがちで、会社を支えているのは自分だと、強いやり甲斐を感じて業務にあたれるはずです。また、取引先となる会社や団体、学校などと確かな信頼関係を築いていくということは、アウトセールスならではのやり甲斐だと考えられます。団体旅行は旅行者ひとりひとりのニーズに細かく対応することが難しいなど、アウトセールスならではの難しい点もありますが、それらを上手く調整し、また利用してもらえる場合などは、特にやり甲斐を感じられるはずです。

アウトセールスに関連した資格など

アウトセールスという仕事そのものに必要な資格などは設定されていませんが、旅に関して豊富な知識を求められる点は、他のセールスと同様です。取引先との信頼関係を構築するために、アウトセールスを担当した本人が添乗員として同行する場合もあり、そうした際には添乗員に必要な資格を取得する必要があります。