ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

チケッティング



旅行会社には様々な仕事があり、それぞれの業務を担当している人がいます。そうした仕事や業務のなかでも、旅行会社ならではの存在と言えるのが、チケッティングという仕事です。遠方への旅行などでは特に旅先で様々なチケット類が必要になることが多くなりますが、そうしたチケットを扱う専門的な仕事になります。ここでは旅行会社で働くチケッティングについて、仕事内容ややり甲斐など、詳しく解説します。

チケッティングの仕事内容

チケッティングの仕事内容

チケッティングとは、チケット、つまり「券」と呼ばれるものに関する業務を担当する仕事です。旅行会社のチケッティングでは、旅の最中に必要となる鉄道の乗車券、フェリーなどの乗船券、飛行機の航空券など交通機関のチケットの他、宿泊予約を証明する確認券や、割引の特典を受けられることを証明するクーポン券などの取り扱いを行なっています。チケッティングでは、予約や発券のみならず、旅行者に券を直接渡すなど、券に関係している業務の全般が行なわれています。旅の過程で必要となる交渉や予約などを行なう業種としてはツアーオペレーターもありますが、それと明確に違うのは、チケッティングは最終的に券を扱い、また券を専門的に扱っているという点です。旅行に関する券の専門家が、チケッティングということです。旅行会社によっては、ツアーオペレーターとチケッティングが共通になっている場合もあります。

チケッティングに求められる能力

チケットは旅で特に重要な要素であるため、旅行会社にとってチケッティングが担う責任は重いと言えます。そして、チケッティング業務のなかでは、できるだけ費用を抑えられる方法を模索する能力も求められています。チケットは、それを扱う業者によって複雑な仕組みが採用されており、予約の仕方や方法、目的地までのルートなどによっては、同じような旅でもチケッティングの内容によって費用が大きく異なる場合があります。チケッティングの担当者には、そうした仕組みについて幅広く情報を仕入れ、効果的なチケット構成を組み立てる能力も必要となり、つまり、チケットに関する豊富な知識とノウハウが必要ということになります。

チケッティングという仕事のやり甲斐

チケッティングの仕事でもっとも難しい点は、複雑になっているチケットの仕組みを理解し、上手に活用することです。そのため、計算を的確に行ない、見事に滞り無くチケットの手配や発券などができた場合には、大きなやり甲斐を感じられるはずです。近年では、インターネットなどにより旅の情報が多くなっていることから旅のニーズも多様化しており、求められる旅の内容も千差万別です。優れたチケッティング担当者ならばそうした要望に細かく応えられるため、伴ってやり甲斐を感じる機会も増えることでしょう。

チケッティングに関連した資格など

旅行会社のチケッティング業務には、特に必要となる資格は設定されていません。しかし、海外旅行で必要となるチケットを扱う場合には、現地のチケットシステムを理解し、正しく旅行者へ案内するために、現地の言葉を正確に理解できる語学力などが求められる場合もあります。