ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

ツアーコンダクター



旅行会社にある仕事のなかでも、特に知名度が高く、旅行が好きな人にとって憧れの仕事のひとつと言えるのが、ツアーコンダクターという仕事です。旅行趣味と仕事を両立することができるツアーコンダクターは、旅行会社にとって花形であるのと同時に、希望者が多く、なかなか就くことができない仕事であるだけでなく、多様な能力が求められる難しい仕事でもあります。ここではツアーコンダクターの業務内容を具体的に紹介しつつ、どんな能力が求められるかなど、詳しく紹介していきます。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターには様々な名称があり、旅行会社によっては「ツアーディレクター」「ツアーリーダー」「ツアーエスコート」などとする場合や、省略して「ツアコン」などと呼ばれることもあります。また、日本語ではツアーコンダクターのことを「添乗員」と呼ぶことがほとんどです。ツアーコンダクターの業務内容は、パッケージツアーなどにスタッフとして同行し、旅の指揮を行ないつつ、旅行者が必要とする様々なことに対応するものです。具体的には、宿泊先で旅行者に代わってチェックイン手続きを行なうこともあります。なお、ツアーコンダクターは旅行会社の社員である場合以外にも、派遣会社に所属している場合や、フリーランスとして業務を請け負っている場合など、雇用形態は様々です。義務教育で行なわれている修学旅行などは、ツアーコンダクターが同行することがほとんどであるため、多くの人は身近に接したことがあるはずです。

ツアーコンダクターに求められる能力

ツアーコンダクターはパッケージツアーなどでスタッフとして同行する役割であるため、旅先では旅行者からの相談などを一手に引き受けることになります。そのため、旅に関する幅広い知識が必要であるのはもちろん、コミュニケーション能力も高いものが求められます。また、旅が仕事になるという特徴から、ツアーコンダクターは旅が好きでないとできない仕事でもあります。忙しいツアーコンダクターの場合は、仕事として頻繁に旅へ出かけることになるため、自宅に帰る機会が減ることも少なくありません。

ツアーコンダクターという仕事のやり甲斐

旅に同行し、旅行者と同じスケジュールで行動することになるため、旅の感動を旅行者と共有できることが、ツアーコンダクターの大きなやり甲斐です。評判の高いツアーコンダクターの場合は、その人を指名で仕事が発生することもあるため、こうした仕事量に直結する評価が得られれば、また大きなやり甲斐に繋がるはずです。ただし、旅行者から旅の苦情があった場合には、同行するツアーコンダクターが現場で最初に対応しなければいけません。旅行会社の評判を左右する大きな責任を担っているという点は、ツアーコンダクターの難しい点であり、また同時にやり甲斐を感じる点でもあります。

ツアーコンダクターに関連した資格など

旅行業法では、ツアーコンダクターの仕事を行なう際に必要な資格として旅程管理主任者資格を定めています。原則的にはこの資格を有していなければ、ツアーコンダクターになることはできません。