ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

ツアーコンダクターの資格



ツアーコンダクターとは、旅程管理主任者資格を有し、旅行会社の提供する企画旅行などにおいて、各種交通機関やホテルなどの調整を現場で行ない、円滑な旅行になるよう同行する人のことです。一般にツアーコンダクターと呼ばれますが、日本語では添乗員という名称で呼ばれている他、旅行会社や国によっては「ツアーリーダー」や「ツアーサポーター」などとも呼ばれます。ここではツアーコンダクターに必須である旅程管理主任者資格についてご紹介します。

旅程管理主任者資格

旅程管理主任者資格

旅程管理主任者資格は、国土交通大臣に登録された研修機関によって実施された旅程管理研修を修め、その上で、定められた一定の添乗実務経験を有した人に与えられます。また、法令によって旅程管理主任者資格を得られるのは18歳以上と定められています。複数のツアーコンダクターが存在する旅程であれば、主任にあたる人物が旅程管理主任者資格をもっていれば良いとされていますが、ツアーコンダクターが1名の場合は、必ずその1名が旅程管理主任者資格を有している必要があります。なお、複数のツアーコンダクターが存在する旅程であっても、分かれて行動する場合は、それぞれに旅程管理主任者資格を持つ人が同行しなくてはいけません。

無資格でのツアーコンダクター業務は禁止されており、それを証明するために、ツアーコンダクターは業務中であれば、所属旅行会社または日本添乗サービス協会が発行した旅程管理主任者証を携帯することが義務付けられています。ツアーコンダクターは、旅程管理について法によって「企画旅行を行なう場合は企画旅行を円滑に実施するために国土交通省令で定められた措置を講じる」ことを行なう者です。

具体的には以下の3点が主な業務とされています。なお、あくまでも旅程管理が主たる業務であり、旅行先におけるガイド業務は、本来ツアーコンダクターの業務ではありません。しかしながら利用者からガイド的な役割を求めるケースも存在し、それに対応しているのが実際です。海外では、ガイドそのものが国家資格である場合が多いため、海外旅行においては当該国における有資格者を雇用するのが、本来の役割分担になります。

  • 旅行先で、旅行計画に基づくサービスを受けるため必要な手続きの実施
  • 旅行計画で定められたサービスの変更を必要とする場合における、代替サービスの手配
  • 旅行計画に基づいて2名以上が円滑な行動を取るために必要な集合時間や集合場所に関する指示

旅程管理主任者資格の種類

旅程管理者主任者資格には、国内旅行でのみ添乗ができる「国内旅程管理者資格」と、国内旅行と海外旅行のどちらでも添乗業務を行なうことができる「総合旅程管理主任者資格」の2種類があります。

旅程管理研修

旅程管理者主任者資格を取得するには、旅程管理研修を修めることが必要になります。研修を実施している研修機関は複数存在しますが、主要なものとして以下の3つが挙げられます。

  • 日本旅行業協会
  • 全国旅行業協会
  • 日本添乗サービス協会

また、旅程管理研修を受けるには、以下の条件のいずれかにあてはまる必要になります。

  1. ①旅行業者の業務に従事していることが証明される者。
  2. ②旅行業者によって専任され、旅程管理業務を継続して行なっていることが証明される者。
  3. ③1、2の条件に該当する予定があり、かつ旅行業者や添乗員派遣業者による研修、試験の合格などで基礎的な知識を有していると証明される者。