ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

パックツアー・個人ツアーの
メリットとデメリット



旅行会社が扱う旅行商品には様々なものがあり、それらを眺めて旅をイメージするだけでも楽しいもの。また、いざ実際に旅へ出かけることが決まった場合には、当日に向けて準備をする期間も楽しいものです。そこで、そんな旅行にかかわる準備のあれこれについて、特に代表的なものをピックアップしてご紹介します。ここでは、旅行会社で旅行を検討する際に関係する言葉としてよく耳にする、「パックツアー」、「個人ツアー」について、それぞれ解説します。

パックツアーとは

パックツアーとは

旅行中のスケジュールについて、ほとんどが決められており、また旅の日程についても決められている旅行商品が、言わゆるパックツアーです。「パッケージツアー」と呼ばれることもありますが、基本的には同じ旅行商品を表す言葉です。ほとんどのパックツアーで自由時間が設定されていますが、どんな順番で、どんな施設を訪れ、どこに宿泊して、どこで食事をする、といった旅のあれこれが、パックツアーの場合はあらかじめ決められています。

パックツアーのメリット

旅に関する様々なことを、旅行会社に任せられるというのが最大のメリットです。パックツアーでは添乗員が同行してくれる場合も多いため、旅先で何かトラブルがあった場合でも素早く対応してくれやすく、安心感がある旅のスタイルだと言えます。パックツアーを利用する主な人は、旅慣れていない人や、高齢者などです。特に初めて海外旅行をするといった場合には、まずパックツアーを利用するのが望ましいと言われています。

パックツアーのデメリット

基本的には団体行動で旅行日程を過ごすことになるため、自分だけの都合で好き勝手に移動することはできず、集団で行動することになり、自由度の面では若干のデメリットがあります。また、同行する他の旅行者と相性が悪い場合には、旅全体の質が落ちてしまう危険性もあります。

個人ツアーとは

パックツアーと比較して、最低限の旅程しか決められていないものが個人ツアーです。具体的には目的地までの交通手段と宿泊先程度で、それ以外に必要となる様々な予約や手続きについては、旅行者が各自で行なうようになっています。なお、旅行会社を利用せず旅に関する手配のすべてを自力で行なうことを「個人旅行」や「自由旅行」などと呼び、パックツアーや個人ツアーと分類する場合がありますが、旅行会社によっては個人ツアーのことを個人旅行と呼ぶ場合があるなど、旅行業界全体での用語統一はされていません。

個人ツアーのメリット

旅のすべてを自力で考えて手配する場合と比較して、主要な手配を旅行会社に任せられる点が代表的なメリットです。個人ツアーのパッケージ内容によっては、団体割引に近い費用の圧縮ができる場合もあり、比較的リーズナブルに旅を楽しめる可能性があります。また、パックツアーと比較すると自由度が高い点もメリットのひとつです。基本的には自分たちだけで行動できるため、思い付きのような旅もしやすいという訳です。

個人ツアーのデメリット

一方のデメリットは、旅行者本人が考えて行動する内容がパックツアーよりも多いため、そうした準備や手続きを自力で行なえる能力が必要になります。また、パックツアーのように添乗員が同行することは基本的にないため、旅先で何かトラブルがあった場合には、やはり自力で解決する必要があります。

新しいツアーのスタイル

近年になって増えてきているツアーのスタイルが、ダイナミックパッケージと呼ばれるものです。旅行会社によって「組み立て旅行」などと名づけている場合もあります。ダイナミックパッケージは、旅で利用する交通機関や宿泊先などについて、それぞれ複数の選択肢が用意されており、利用する旅行者は自由に組み合わせて旅行の内容を決められる自由度があります。なお、旅行業法ではこうしたダイナミックパッケージも、パックツアーと同じく募集型企画旅行として扱われます。