ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

ビザ・イエローカード



海外旅行は国内旅行とは違って国境を超えるため、面倒な手続きと必要な書類が増えてしまいます。ここでは海外旅行時に必要となる書類のうち、パスポートと並んで重要な、ビザとイエローカードについてご紹介します。ビザやイエローカードは、入国に際して必要になる書類のひとつであり、不法入国や伝染病などから国や人々を守るために設定されている重要な書類です。ビザとイエローカードがどういうもので、どんなシーンで必要になるのか、ここで詳しく解説します。

ビザとは

ビザとは

国が、海外から訪れた外国人に対し、持っているパスポートが有効で、また、その人物の入国を許可する証書のことを「ビザ」と呼びます。日本語では「査証」と表記する場合もあり、分かりやすく表現すれば「入国許可証」のようなものです。ビザは、原則的にはパスポートとセットになって有効になる証書であり、海外旅行をする場合には、自国発行のパスポートと、訪問先の国が発行したビザの2種類が必要ということになります。なお、日本でビザを取得するためには、日本にある訪問先国の在外公館(大使館や領事館)で申請を行なう必要がありますが、ビザについては国同士で特別な取り決めがされており、日本人が観光や短期の商用で外国を訪れる場合であれば、一般的な海外旅行先として知られている国なら、ほとんどの国で事前にビザを取得する必要はありません。ただし、犯罪歴があるなど特別な場合は、その例外になることもあります。ビザ取得に関する手続きを、旅行会社の代行によって済ませられる場合もあります。

ビザの種類

外国を訪れる場合には、その国がどのようなビザ制度を導入しているか確認する必要があります。また、その国をどのような目的で訪問するかによって、発給を求めるビザの種類や、手続きに必要な書類が異なります。なお、ビザに関するルールについては、各国が特に予告なく変更する場合があります。代表的なビザの種類としては、アメリカ合衆国の場合で商用/観光ビザ、就労ビザ、学生ビザ、宗教活動家ビザ、報道関係者ビザなどがあります。

国同士の関係で異なるビザの取り扱い

ビザは国同士の外交活動によって取り扱いが変わるものです。アメリカ合衆国を例にすると、日本はアメリカ合衆国にとって「ビザ免除プログラム」の対象国であるため、滞在日数が90日間以下で商用または観光を目的としている場合は、有効なパスポートと航空券・乗船券さえあればビザがなくてもアメリカ合衆国に入国できます。その代わり、エスタと呼ばれる電子渡航認証システムであらかじめ申請を行なう必要があります。このように、密接な友好関係を築いている国同士であれば、ビザが不要になるケースが多くなります。なお、日本人をビザなしで受け入れてくれる対象国は特に世界的にも多く、その点からパスポート盗難のターゲットになりやすいとされています。

イエローカードとは

ビザのように、入国時に必要となる書類のひとつがイエローカードですが、必要になる国と地域は限定的です。イエローカードとは、黄熱病の予防接種を済ませていることを証明する書類で、特定の国や地域に入る場合には、税関などで提示を求められます。黄熱病は熱帯アフリカと中南米にある風土病ですから、そうした地域にある国を訪れる場合には黄熱病の予防接種と、それを証明するイエローカードを準備する必要があります。なお、黄熱病は死亡率30~50%の恐ろしいウイルス感染症ですが、人から人へ直接感染する病気ではありません。