ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

現金・クレジットカードの使い分け



旅行の準備で必要なものには様々なものがありますが、特に大切なのがお金の準備です。旅先では何かとお金が必要になるということに加えて、通貨の違いや為替の変動があること、犯罪などに巻き込まれた場合にどう対処するかなど、お金にまつわる注意事項は思いの他多いものです。ここでは海外旅行先で使用するお金について、現金、クレジットカード、それぞれのメリットとデメリットに注目し、詳しく解説します。

上手に使い分けたい現金とクレジットカード

上手に使い分けたい現金とクレジットカード

海外旅行先で使えるお金の種類は、基本的に現地の通貨に両替した現金か、クレジットカードのどちらかです。海外では日本と違う通貨が使われていることはもちろん、治安の状態も大半日本よりも悪いため、不要なトラブルを避ける意味でも、お金の取り扱いに関しては特に注意する必要があります。ただし、現金とクレジットカードはそれぞれ一長一短であるため、海外旅行に出かける際は事前に両方を用意し、柔軟に使い分けるのが理想です。

現金の使いどころ

海外旅行では現金が活躍するシーンは多いものです。具体的には、海外で一般的なチップを支払う場合、そして、カード決済ができない小さな店や屋台を利用する場合などです。現金を海外で使う場合には、現地の通貨に両替する必要がありますが、その両替は旅に出かける前に銀行などで行なえる他、現地で行なう方法もあります。日本の銀行で両替をするには一定の手数料が必要で、ドルやユーロなどメジャーな通貨であればその額は大きくありませんが、マイナーな通貨の場合は特に高い手数料が設定されている場合があります。そうした国を訪れる場合には、現地の銀行で両替を行なったほうが手数料を少なく抑えられ、有利に両替できる可能性が高くなります。

現金のメリットとデメリット

現金のメリットは、基本的にその国ならどこでも使えることですが、デメリットは盗難にあった場合には基本的に泣き寝入りになってしまうことです。また、大量の現金を持っていることが旅先で見られると、盗難の被害に合う可能性が高くなってしまいます。

クレジットカードの使いどころ

海外の宿泊先やレンタカー利用時などで料金を支払う場合、現金ではなくクレジットカードでの支払いを求められることがあります。これは、クレジットカードを持っているということが信用に繋がるためです。このように、利用する施設によっては原則的にクレジットカードが必要になる場合があるため、海外旅行に出かける際には最低1枚のクレジットカードを用意しておきましょう。なお、クレジットカードには「VISA」や「AMERICAN EXPRESS」などのブランドがありますが、国際的に通用するブランドのものである必要があります。

クレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードの利点としては、もしカードが盗まれてしまった場合、適切に処理することでカードの使用をストップさせることができ、被害額を抑えられるという点です(盗難されてしまった場合に備え、クレジットカードは2種類以上用意し、別の場所に保管しておくのが理想です)。また、旅先で急に現金が必要になった場合、クレジットカードのキャッシング枠があれば現地のATMなどですぐに現金を手に入れることができます。なお、クレジットカードは仕組みとして、利用した時点ではなく毎月決まったタイミングで預貯金口座などから引き落とされますが、為替については引き落とされる時点の相場が適用されます。旅行でカードを使用した時点と、引き落とし時点とで相場が大きく変わっていた場合には、その影響を大きく受けることになります。

プリベイトカードという新しい形

国際的なカードブランドなどによって運用されている海外専用のプリベイトカードです。クレジットカードとはまた違うカードとして携帯することができ、事前にチャージしておいた金額に応じて、現地のATMなどで現金を引出すことができる上、外貨両替を直接依頼する場合よりも手数料の点で有利なことがあります。また、通貨の異なる複数の国を巡る場合でも、同じプリベイトカードで現地のATMを使い、現地通貨を引出せる便利さがあります。