ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
旅行会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旅行会社情報

旅行カバンの選び方



旅行の準備をする際、お金の準備と同様に重要なのが旅行カバンの選び方です。海外旅行では旅の日程が増えることから旅行カバンは大きく多くなりがちで、カバンのセレクトを間違ってしまうと、旅全体が不自由になってしまうという程、重要なポイントのひとつです。まさに「旅のパートナー」と言っても良いでしょう。ここでは、そんな旅行カバンに注目し、カバンの素材やカギの有無などから、旅行カバン選びのヒントになる情報をご紹介します。

旅行カバンは複数を準備

旅行カバンは複数を準備

旅行時に荷物を入れておく旅行カバンは、旅の準備をする上で特に悩みどころです。海外を訪れる場合には、日本よりも治安が悪いことがほとんどであるため、防犯の意味でもカバン選びは重要と言えます。カバン選びの基本的なポイントとしては、まず複数のカバンを用意する必要があるということです。具体的には、衣類などを入れておく大きなスーツケースなどとは別に、身に付けて使用できる小さなショルダーバッグやボディバッグ、リュックなど、サブとなるカバンを併用するということです。身に付けられるサブのカバンには財布やパスポート、航空券などの貴重品を入れるようにし、常に身体から離さないようにしてトラブルを回避するのが鉄則です。場合によっては、腹巻きのように装着できる貴重品専用のバッグを用意するのも良いでしょう。

危険も伴うブランド品

旅行カバンを選ぶ際に覚えておきたいのは、いかにも高級なブランドバッグには、相応の危険も伴うということです。現金を多く持って見せびらかすようにすることは、盗難のターゲットになりやすい危険行為として知られていますが、高級なブランドバックを持ち歩いているのは、「私はお金持ちです」と言っているのと同じことです。犯罪の被害に会う可能性を下げる意味でも、できるだけブランド品は避けたほうが良いでしょう。

サイズについて

スーツケースなどを選ぶ場合は、そのサイズ選びが難しいポイントです。旅の日程に応じて使い分けることが基本ですが、意外と忘れがちなポイントとしては、自分に合ったサイズを選ぶということです。体の小さな人にとって大き過ぎるスーツケースは不相応であり、荷物の持ち運びが大変になってしまいます。なお、旅行では土産などを旅先で購入する関係上、出発時よりも帰国時に荷物が増える場合が多いため、出発時点でカバンがいっぱいにならないよう、ある程度の余裕が必要です。また、航空機を利用して海外を訪れる場合などには、貨物室に預けられる荷物のサイズについて、一定サイズと重さまでと定められており、それを超える場合には追加料金が必要になる場合や、搭載そのものを断られる場合があります。大きなカバンを使う場合には、利用する航空会社の案内などを調べておきましょう。

機内持ち込みサイズとは

航空機を利用して海外旅行に出かける場合、客席に持ち込める手荷物には機内持ち込みサイズと重さが設定されています。国や航空会社、航空機の種類によって若干異なりますが、これについても事前に調べておき、貴重品などは機内持ち込みが可能なサイズのカバンに入れて、できるだけ安全に持ち運びましょう。

素材について

スーツケースには大きく分けて、硬い素材でできたハード系と、布などやわらかい素材でできたソフト系の2種類があります。これには一長一短があり、ハード系ならば堅牢性が高く、盗難や破損などのトラブルを避けられる可能性が高まりますが、重いため持ち運びに苦労する場合がある他、航空機で預けられる荷物の重さ制限に対し、カバン自体が重いため、入れられる荷物の量が相対的に減ってしまうデメリットがあります。また、ソフト系の場合は、カバンが軽く、たくさんの荷物を収納できる反面、ナイフなどを使われて中身を荒らされてしまう危険性があります。荷物を乱暴に扱われた場合に、中の荷物が破損する可能性も高まります。

カギなど

スーツケースの多くにはカギが付いているため、航空機を利用する際に荷物を預ける場合には、必ず施錠するようにしましょう。また、カギが備わっていないカバンを使用する場合には、何らかの方法で施錠しておかないと、盗難の被害に合う可能性が高くなってしまいます。また、自転車などで使われているワイヤーロックを用意しておくと、何らかの事情でスーツケースから目を離さなければいけないとき、緊急措置として荷物を守れる場合があります。