ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

トイレ事情



日本では、自宅やホテルだけでなく、外出先でも快適で綺麗なトイレが無料で使用できます。トイレは1日に何回も清掃され、清潔に保たれています。しかし、海外旅行に行くと、設備や使い方など日本とは異なるトイレ事情に驚くことも多くあります。また、外国人から見ると、日本のトイレにも様々な驚きがあるようです。このページでは、世界各国のトイレ事情と共に、日本のトイレが外国人からどのように見られているのかをお伝えします。

欧米各国のトイレ

欧米各国のトイレ

アメリカやヨーロッパのトイレについてチェックしましょう。

トイレのドア

アメリカやヨーロッパのトイレは、ドアの下が大きく空いています。日本のトイレは少し隙間があるくらいですが、欧米のトイレでは足が見えるぐらい大きくドアの下が空いているので、人が入っているかどうか一目瞭然です。

紙は設置されたごみ箱に!?

ヨーロッパのトイレは水道管が狭い場合が多く、紙を流すように設計されていません。そのため、用済みの紙をトイレに流すと詰まります。このような場合は、トイレには流さず便器の横に設置されたごみ箱に捨てます。

有料トイレ

ヨーロッパでは、駅やデパートのトイレは有料の場合があります。トイレの入口ゲートや各個室のドアに硬貨を投入して利用したり、係員に支払ったりして利用します。多くの有料トイレは係員が定期的に清掃しており、明るく清潔に保たれています。料金は日本円に換算して100円前後の場合が多いので、外出時は小銭を準備すると安心です。

便座がないケースも

不特定多数の人が利用する設備に肌が直接触れることを嫌う欧米人が多いため、アメリカやヨーロッパのトイレは、便座が取り外されている物があります。このようなトイレは中腰で利用します。取り外し式の便座が用意されている場合もあります。また、小さなシャワーが設置されていることがありますが、これはビデとして使用します。水を流すレバーも、手が直接触れることを嫌うため足で押す人が大多数です。

アジア各国のトイレ

アジア各国のトイレについてチェックしましょう。昔は個室の仕切りがなく穴が空いているだけの原始的なトイレも見られましたが、グローバル化が進んだ今では少なくなりました。

和式トイレ

アジアでは、洋式トイレの他、しゃがみこんで使用する和式トイレに近いものを多く見かけます。便器をまたぐように足置きが設置されているのが特徴です。使用後は、桶に水を汲んで流します。

紙がない!?

トイレットペーパーを設置していないトイレも数多くあります。トイレに係員が常駐しているトイレではお金を支払うと紙がもらえる場合がありますが、個室内に蛇口や桶がある場合は、コップなどで水を汲んで洗い流しています。日本人には抵抗のある方法であるため、外出時はトイレットペーパーやティッシュを持参すると安心です。

日本のトイレ

日本はトイレ先進国と言われ、海外のトイレにはない日本独自の設備がいろいろとあります。日本人にとってはお馴染みの設備でも、外国人には驚きと感動があるようです。

シャワートイレ

今やサービスエリアやコンビニのトイレにも設置されているシャワートイレですが、日本以外の国ではまず見かけません。「ウォシュレット」はTOTOが販売しているシャワートイレの商品名で、他社では別の名称で呼ばれますが、一般名詞として認識されるぐらい日本人の生活に溶け込んでいます。

温かい便座

日本ではお馴染みの温かい便座ですが、これも海外ではほぼ見かけません。日本を訪れた多くの外国人が、温かい便座や自動開閉する便座などのハイテクぶりに感動しているようです。

やわらかいトイレットペーパー

日本は、トイレットペーパーの品質もトップクラスです。海外では、設置されているトイレットペーパーは古紙のような硬くてガサガサした物もありますが、日本のトイレットペーパーは肌触りの良いやわらかい物がほとんどです。