ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

盗難・紛失



旅行で海外を訪れている場合には、日本とは様々なことで事情が異なるため注意が必要です。特に、何かしらのトラブルが発生した場合には、その対処方法も、海外旅行ならではのポイントがあります。ここでは、そうしたトラブルの中から代表的なものをご紹介し、対処方法について解説します。まずは、盗難や紛失などによって、持っていたはずのものが見つからない場合です。海外の多くは日本よりも治安が悪く、また、旅行中は普段とは勝手が違うため、盗難や紛失のトラブルが発生する可能性は高くなってしまいます。

無い! と思ったら、まず慌てず確認

無い! と思ったら、まず慌てず確認

何かを出そうとして、しまったはずの場所を探してみるけれど見つからない。見つからないものが重要であればある程、そんなときはサーッと血の気が引いて顔が真っ青になってしまうものですが、慌てずにまずはしっかり荷物を確認しましょう。しまった場所を勘違いしていたり、実は誰かに預けていたりなど、気分が高揚している海外旅行では、勘違いは思っている以上に多いものです。同行している人がいれば確認してみることも忘れずにして下さい。ただし、海外ではひったくりよりも、スリによる盗難の方が多いと言われています。スリで盗まれた場合は盗られたことになかなか気が付かない場合もありますので、海外に行く場合は特に注意しましょう。

警察への届け出

紛失や盗難で何かをなくしてしまった場合は、日本と同じように警察への届け出が必要となります。警察署には紛失係のようなものが設置されていますので、そこで必要な手続きを行ないましょう。搭乗員や現地旅行会社スタッフがいる場合は同行してもらい、いない場合でも語学力の堪能な人などに同行を頼みます。もし、まったく言葉が通じないといった場合には、大使館や領事館に相談してみましょう。警察で行なう手続きでは、日本とは違って手続きそのものに手数料が必要になる国もあります。また、届け出によって証明書などが発行される国がほとんどです。旅行保険で紛失物に対して保険金が支払われる場合、こうした証明書が必要になる場合がほとんどです。なお、エジプトやタイなど、旅行者専門の警察組織が設置されている国もあるため、訪れる国がどのように対応してくれるか、事前に確認しておくのがベストです。また、大使館などの連絡先についても事前に調べておきましょう。

再発行できるもの

紛失や盗難でなくしてしまったあとで、戻ってくることはあまり期待せず、再発行できるものを確認します。再発行できるもので代表的なものは、帰りの航空券です。これは航空会社や利用クラス、航空券の種類によっても再発行の可否が異なりますが、航空会社で適切な手続きを踏めば再発行できる場合があります。ただし、団体割引での購入や、格安航空券を購入した場合には、ほとんどの場合で再発行では対応してくれず、別の航空券を購入しなければいけなくなります。なお、再発行手続きに関する方法などについては、航空会社によって異なりますので、できるだけ事前に確認しておきましょう。また、再発行の手続きを行なう際には、紛失してしまった航空券のコピーなどがあるとスムーズに行なえます。これも、事前に準備しておきたいものです。ちなみに、近年増えている電子チケット(「eチケット」など)であれば、航空券の発券がスムーズになるだけではなく、紛失や盗難の危険性も減らすことができます。

パスポートやビザの再発行

再発行しなければならないものが、パスポートとビザです。基本的には手元にないことが確認できた時点ですぐに大使館などに相談します。大使館などでは紛失の手続きを行なって、紛失したパスポートの失効手続きを行ない、新規のパスポート発給や、帰国のための渡航書を申請することになります。この際には、現地の警察署に届け出た紛失届の書類や、写真、運転免許証などの身分証明書、手数料などが必要です。

クレジットカードの停止

クレジットカードをなくした場合には、それが悪用されることを防ぐため、すぐにクレジットカード会社へ連絡し、停止を依頼する必要があります。そのため、いざというときにどこへ連絡すれば良いか、あらかじめ調べておき、クレジットカード番号と一緒に控えておきましょう。