ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

事故・病気



旅行で海外を訪れている場合には、日本とは様々なことで事情が異なるため注意が必要です。特に、何かしらのトラブルが発生した場合には、その対処方法も、海外旅行ならではのポイントがあります。ここでは、そうしたトラブルの中から代表的なものをご紹介し、対処方法について解説します。荷物の紛失や盗難に次いで旅行者が不安に感じるのは、海外で事故に合ってしまった場合や、病気の急な発症など、現地で医療サービスを受けなければいけない場合です。

旅先での体調変化

旅先での体調変化

旅行では普段と違う環境でしばらく過ごすことになるため、体調を崩しやすいと言われています。水や食事が合わないといった分かりやすいトラブルだけではなく、過密な旅行スケジュールによっていつの間にか疲労が蓄積してしまうこともあるでしょう。また、旅行では頻繁に交通機関を利用したり、現地の交通ルールを正しく理解していなかったりという違いもあるため、それに伴って事故などに遭遇してしまう可能性も高まってしまいます。事故などでケガをしてしまった場合はもちろん、休んだだけでは回復しなさそうな病気だと判断したら、現地の病院などを利用して医療サービスを受けましょう。なお、病院では現地の言葉で問診が行なわれるケースが多いため、添乗員や現地ガイド、語学力に優れる同行者がいれば、病院への同行を頼むべきです。

海外での医療費を抑える旅行保険の利用

海外の病院などで医療サービスを受ける場合は、日本の健康保険は使用できないため、高額な医療費を請求される場合があります。そうした事態を避けるために有効なのが、旅の前にあらかじめ旅行保険に加入しておくことです。旅行保険の多くでは、旅先での医療費について後日保険金として支払ってくれるばかりではなく、提携している病院であれば、保険証券を持参するだけで、その場で医療費を支払わずに済む場合があります。また、電話口で通訳サービスをしてくれる場合もあるため、いざというときには非常に頼りになるでしょう。旅行保険を扱う損害保険会社が、どんな条件でどんな保険を用意しているかは様々ですが、体を壊しやすい人は特に、旅行保険への加入を検討しておくべきです。

常備薬などは持参も検討

信頼を寄せている常備薬や、定期的に飲まなければいけない薬などは、旅行時にも持参することができます。稀に通関で何の薬か質問される場合がありますが、正直に説明すれば特に問題はないはずです。英語の場合、胃薬ならば「stomach medicine(ストマック・メディスン)」、風邪薬ならば「cold medicine(コールド・メディスン)」など、効能を現地の言葉で言えるようにしておくか、文字に書いて薬入れに貼り付けておきましょう。

主な国の救急車ダイヤル

ケガや病気の治療に緊急性がある場合は、躊躇せずに救急車を手配するべきです。救急車の手配自体に料金が発生する国も多いですが、命には代えられません。ここでは、海外旅行で訪れる代表的な国について、救急の緊急通報用番号をご紹介します。また、事故があった場合に警察へ通報できるよう、警察の緊急通報番号も合わせて掲載します。

  • アメリカ合衆国 救急・警察どちらも911
  • カナダ 救急・警察どちらも911
  • イギリス 救急・警察どちらも999または112
  • フランス 救急・警察どちらも112
  • ドイツ 救急112、警察110または112
  • イタリア 救急112または118、警察(国家憲兵)112または(国家警察)113
  • オーストラリア 救急・警察どちらも000
  • 中国 救急120、警察110
  • 韓国 救急119、警察112
  • 台湾 救急119、警察110