ご希望の旅行会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト旅行会社リサーチ

旅行会社情報

オーバーブッキング・フライトキャンセル



旅行で海外を訪れている場合には、日本とは様々なことで事情が異なるため注意が必要です。特に、何かしらのトラブルが発生した場合には、その対処方法も、海外旅行ならではのポイントがあります。ここでは、そうしたトラブルの中から代表的なものをご紹介し、対処方法について解説します。航空機を利用することが多い海外旅行では、特に航空機に関するトラブルが発生することがあります。比較的発生しやすい航空機のトラブルと、その対処法を解説します。

オーバーブッキングとは

オーバーブッキングとは

本来受け入れられる予約数よりも多く予約を受け付けてしまうことを、オーバーブッキングまたはダブルブッキングと呼びます。日本語で表現すれば「過剰予約」です。航空機以外にも、他の交通機関やホテルでもあり得るトラブルですが、それらは対応がスムーズに行なわれるケースがほとんどで、いささか特殊な対応が必要になるのは、航空機のオーバーブッキングであるため、ここでご紹介します。オーバーブッキングが発生する背景としては、予約をしているものの実際に航空機へ搭乗しない、言わゆる"ドタキャン"の客が一定数いるためです。航空会社などではそうした"ドタキャン"の客数を見越して過剰に予約を受け付けており、できるだけ客席がいっぱいの状態で運行できるよう目指しているという訳ですが、想定以上に"ドタキャン"がなかった場合には、オーバーブッキングが発生することになります。

オーバーブッキングへの対処

オーバーブッキングは航空会社側の事情あるいは過失であるため、基本的には旅行者が不利益を被ることはありません。ただし、開発途上国の航空会社など、ごく一部の航空会社では、オーバーブッキングになっても過失を認めず、先着順で搭乗手続きを行なって、客席が満席になったら以降の客は勝手に次の便へ回すなど、横暴な航空会社もあると噂されています。オーバーブッキングが発生した場合、航空会社はエコノミー席の利用客をビジネス席(空いていれば)に回したり、他の便に回しても構わないという利用客を探したりして対処します。他の便にしても良いなど、オーバーブッキングを解決するために名乗りでた場合などは、現金やマイルなど特典を得られる場合があります。

フライトキャンセルとは

悪天候や航空機の故障などを理由として、予定されていた航空機の運行が急遽欠航になってしまうことがあります。これが、フライトキャンセルです。フライトキャンセルになってしまった事情や航空会社によって、その対応は様々ですが、旅行者は適切な対応を取る必要があります。

フライトキャンセルへの対処

基本的には空港にある航空会社のカウンターに並び、目的地まで行く方法を相談することになります。次の便や他の航空会社への振替ができるなど、結果的に到着時間が遅れる程度であれば幸運なほうで(旅の予定は狂いますが)、運が悪ければその日に出発する方法がなく、次の日まで待たなければいけなかったり、航空機以外の移動手段を提案されたりすることもあります。基本的にはこうした場合、必要になった宿泊費なども含め、差額は航空会社に負担してもらえるのが基本ですが、格安航空会社の一部や、特殊な方法で航空券を購入していた場合には、事情が異なることもあります。それは例えば、航空券を振替した結果、もとの料金よりも高くなってしまった場合などに、逆に追加料金を求められることもあるなどです。フライトキャンセルになった場合にどう対処するかは、航空会社によって異なります。利用する航空会社について事前に調べておくのも、重要な旅の準備です。